月別アーカイブ: 2014年4月

西新井大師ぼたん祭り

4月も、もうすぐ終わりですね。

今日は今が花盛りの西新井大師のぼたんをパチリ!!

140426_1854

主人とスパイダーマンの映画をみた帰りに、ちょこっと寄り道して撮りました。

弘法大師様と大輪の牡丹の花がキレイでした(*^o^*)

でも、ちょっと肌寒い感じ(>_<)

今夜も、はやく酒風呂に入って寝ようっと!

ありんこでした。

広告

東京道学院前でオバマ大統領のお迎え

一昨日、オバマ大統領が明治神宮に参拝に来られる~

と、東京道学院のすぐ側、明治神宮西参道では報道陣の方や通りがかりの方がたくさん集まっていました。

東京道学院の3階から・・・

おばま3階から

駅には気のトレーニングの看板もバッチリと^^

アメリカ大統領をお見かけする機会は一生の内にそうそうないと思って、私もかけつけてみました
o(*゚▽゚*)o

おばま車

黒塗りの車で、お姿こそ拝見できなかったですが、間近で雰囲気を感じられて良かったです!

さて、今日も酒風呂に浸かり、ゆったりぐっすり熟睡したいと思います♨︎

みつまめでした^_^

明治神宮の流鏑馬

オバマ大統領が、明治神宮を参拝されるとかで、
明治神宮では、今日は午前から一般の参拝が中止になっているようですね。

テレビで見たのですが、一般の参拝客用に、
出入り口のあたりに賽銭箱が置かれていました。

今日、境内では、流鏑馬もあるのだそうですよ。

明治神宮流鏑馬神事は、秋の大祭の恒例行事だそうで、
今年も11月3日にあるみたいです。

実は、私、明治神宮で流鏑馬をやっているとは知りませんでした。

長年この近くの東京道学院に通っているというのに。(^^;ゞ

今年は見に行きたいな~。

きっとすごい混んでるんだろうなぁ~。

でもその前に、秋まで流鏑馬神事のこと覚えているかどうか(-_-;

ま、その時が来たら思い出すでしょう!?

 

さ~て、今夜も酒風呂

風呂掃除しておかなくちゃ。

酒風呂、サイコ~!

byしょう

春の風邪

春といっても、まだまだ侮れない毎日(^-^

我が家では、主人が風邪をひいておりまして

鼻をズルズルしています。

こんな時は、温かい腰湯(足湯)がいいですね。

今日は、腰湯に日本酒を入れてみました。

後は足の導引術をしてあげようと、思います。

参宮橋の東京道学院気のトレーニングで風邪を治しましょう。

 

断捨離

もうすっかり春ですねー

と思っていたら昨日は一気に気温が下がり、まだまだ油断できませんね~

通勤途中にはつつじが鮮やかに咲いていました♪

つつじ

我が家は5月の連休に引越しすることになりまして、

今、日々断捨離に励んでる最中です☻

普段私はどちらかというと、なかなか捨てられない質で…^^;

日頃の蓄積された荷物を整理してみると、日々使うもの、着てるものってある程度決まっていて

殆ど使ってない、なくなっても全然困らない!ということが分かって、思い切り捨てよう!と

どんどん加速づいてきました〜

引越し準備の疲労感は気のトレーニングと酒風呂で、

次の日の目覚め感がスッキリと起きられるのはとっても有難いです🎶

酒風呂サイコ〜〜

みつまめでした^^

酒まさつスキンケア

早島正雄著『酒まさつスキンケア』青春出版社

早島正雄著『酒まさつスキンケア』青春出版社

この本では、酒風呂健康法の酒に含まれた特効の成分と導引(中国三千年の歴史の中で伝えられてきた健康法)の経絡刺激の効果を合わせ、より一層効果的に、また簡単にできる酒まさつ美容法を紹介(P.13)しています。

(1)使用するお酒
(2)スポンジやガーゼを使わない
(3)何回ぐらいが適当か
(4)基本の動作
(5)いつ、どこでやるか
(6)期間はどのくらい?
等についてや、まさつ法の基本ポイントが具体的に書かれています。

(2)の「スポンジやガーゼを使わない」ですが、何を使うのかというと“手”です。

手で酒まさつ(マッサージ)することが重要なポイント。

手で酒まさつするとなぜこんなに効果があるのか?ということも本の中に書かれています。

まさつに“手”はとても大切。手で体中のツボを刺激するようにマッサージするのですが、その“手”自体にもたくさんのツボが集まっており、本の中に次のように書かれています。

「中でも、とくに大切なのが手の指です。ここには、たくさんのツボがあり、これを上手に刺激することは、若さを保ち、健康を維持するうえで、きわめて有効なのです。
 昔からピアニストは長寿であると言われていますが、私の知るかぎりホロヴィッツなどのように、70歳をはるかに越えながら若者顔負けのダイナミックな演奏を聞かせてくれるピアニストがたくさんいます。
 それというのも、ピアノを弾くという行為が、手指のツボに対する絶好の刺激となっているからからです。無意識に、絶えず行われるツボ刺激によって、内蔵の調子をととのえ、血管の老化を防ぎ、血圧を良好に抑えているわけです。」(PP.26-27)

この本では、まず手始めに、手指のツボを有効に刺激する酒まさつから紹介されています。

女性ならきっと誰しも気になる、シミ、シワ、首すじのたるみにも効果的な洗顔、酒まさつの方法も紹介されています。

もちろん、ボディーについても、「プロポーションづくり10分間ボディーマッサージ〈トータル酒まさつ5メニュー〉脂肪をとって若返るプロポーションづくり」(P.96)というなんとも魅力的なタイトルで各部のマッサージ法が紹介されています。

色々な方の体験談も一緒に紹介されているのですが、中でも、女性誌との企画で愛染恭子さんが、著者の指導のもと、酒風呂とマッサージで、素肌だけでなく、プロポーションまで整えることができたというエピソードは、なかなか興味深いですよ。

他にも沢たまきさん、上月晃さんなど、当時の有名女優さん達が酒風呂を実践しているという話しも出ています。

最近では、藤原紀香さん、長澤まさみさんが、美肌のためにお風呂に日本酒を入れているという話しは有名ですよね。

この本が発行されたのは1988年ですから、実はずいぶん前から日本酒を風呂に入れる「酒風呂」が女優さん達の間で美容法として取り入れられていたのだな〜と感心しました。

この本はもうすでに絶版となっていますが、古書ならAmazonなどで入手できるようですよ。

興味のある方は、お早めに手に入れておいた方が良いと思います。

ハマってます!

春になったので我が家のクラちゃんも、ベランダのお散歩が大好きみたいです(*^o^*)

最近は、プランターの土が暖かくて気持ちいいのか、

スッポリ
ハマってます♪
呼んでも、なかなか家に入ろうとしません。

何だか、お風呂に入ってるみたい~

140412_1025

私がハマっているのは、酒風呂!!

春夏秋冬ず~っとハマっちゃいます(^O^)

ぜひ、試してみてください~~
ありんこでした。