酒風呂は肌に優しい

テレビを見ていると、温泉番組が多いのに 驚きます。それくらい日本人は温泉好きと いうことでしょう。

酒風呂に入って、まず感じるのは、その心地よさでしょう。 お湯がなめらかで、肌にやさしい感じがし ます。そのため、赤ちゃんや小さな子供、そして高齢者の入浴にも適しています。昔から「お年寄りはさら湯に入るな」といわ れています。というのもわかしたばかりのお湯は肌に 強い刺激を与えるため、体を疲れさせ、健 康によくないからです。何人か入ったあとのお湯なら、高齢者の皮 膚への刺激も弱まると考えられています。

けれども、酒風呂の場合はそんな心配はいりません。それくらい肌にやさしいのです。

では「肌にやさしい」とはどういうことなのでしょうか。

湯ぶねの中で自分の体をなでてみてください。手のひらが体の表面を気持ちよくすべ るようであれば、肌にやさしいお湯です。

肌にいいとされる温泉に入ったことがある人は、そのときの感触を思い出してください。酒風呂の場合もそれと同じはずです。

私は大都市へ行って、ホテルのバスを使う と、いつも水の悪さにびっくりします。

お湯をすくって体をなでても、手がひっかかって思うようにすべりません。 毎日肌にやさしいお湯に入っている私には信じられ ないような出来事です。 私は毎日酒風呂に入っているため、なめら かで肌にやさしい湯があたりまえだと思っ ていたのです。

体の芯まで温めてくれる酒風呂は、冷え性の改善にピッタリ。

冷え性の人は、冬の間は毎日入ることをおすすめします。
早島妙瑞『からだの「冷え」がよくとれる』コスミック出版 PP.56-57 より抜粋

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中